自転車の歴史

初期の自転車は、ペダルもチェーンもなく人間がまたがって、足で地面をけって前にすすんでいた。車輪も現在のようなゴムチューブのものではなく、木製や金属製だったため、乗り心地はわるかった。1869年になって、ゴムタイヤをつけたものが誕生する。やがて大きな前輪にペダルをとりつけて直接回転させる、オーディナリー型の自転車が登場する。現在の自転車と基本構造が同じものは、85年ごろから製作され、空気をチューブにいれたタイヤは、88年に発明された。

Encarta Encyclopedia
Microsoft(R) Encarta(R) 2006. (C) 1993-2005 Microsoft Corporation. All rights reserved.

折り畳み自転車とは

折り畳み自転車(おりたたみじてんしゃ)とは、フレームなどを折り畳むことができるように工夫された自転車のこと。フォールディングバイクともいう。

ブロンプトン折り畳み自転車は輪行する場合に可搬性に優れる、自動車への積載や保管などで場所を取らないなどの利点がある。輪行には折り畳み自転車でなく、デモンターブルと呼ばれるフレームに分割機構を持つもの、輪行仕様車と呼ばれるレバー操作や簡単な工具で前フォーク部や後輪など必要最低限の部品を脱着できる機構をもつ自転車が用いられることがある。折り畳み自転車は自転車に乗らないで持ち運ぶ場合の取扱いではデモンターブルや輪行仕様車よりも優れるが、走行面では劣ることが多い。


折りたたんだ状態折り畳み自転車は一般的な自転車よりも部品点数と溶接箇所が多くなるため重くなってしまう難点がある。十分な強度を持たせつつ軽量に作ると割高になってしまう。

持ち運びなどの点から小径ホイールを用いていることが多い。

2002年5月9日、国民生活センターは低価格の折り畳み自転車には品質が悪いものが多いという試験結果を公表した。

My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。